「THE TANUKI」狸制作、陶芸の森で

2013.03.23 |[THE TANUKI]

第1回狸制作説明会の後、陶芸の森にて信楽まちなか芸術祭のポスター写真に使おうと企画の中心になる方をはじめとして狸制作がスタートしました。その時、陶芸の森に滞在していたフランス人の作家、Ann-Marie Schoenさんにも第1回目の説明会で誕生したタヌキを引き続き、制作してもらいました。
陶芸の森で加工
Annさんそっくりなタヌキが出来上がりました。体中に物語が語られています。スランスの匂いが漂うタヌキになり、皆のこれからの刺激になりました。
陶芸の森で加工4
3月23日、作家の広川みのりさんが澤清嗣さんの指導のもと制作を始められました。お知り合いのお二人、冗談まじりに仲良く制作されています。
陶芸の森で、加工3
又谷野明夫さんと広川さん、お二人の手を借りて、徳地裕二さんの狸制作も始まりました。
皆さん、頑張ってます!

(事務局担当:水)

「THE TANUKI」ーたぬき・狸・タヌキー 第1回制作説明会

2013.03.10 |[THE TANUKI]

3月10日、狸制作に関する合同説明会が陶芸の森、創作研修館で執り行われました。
肌寒く、土砂降りの雨にもかかわらず、大勢の方々が説明会を聞きにきてくださり賑わいました。皆さんありがとうございました。
説明会 加工
原型のたぬき、そして皆が見守る中、数人が石膏の型に土をのせ、制作に取りかかりました。
第1回狸制作説明会3加工
狸づくりは初めての人ばかり、またこれが高さが1mを超える大物なので大変です。ん?ん、、、しかし難しいね?、でも皆さんとても楽しそうにやっています。石膏の型が重いので4人くらいでグループを組まないといけないのですが、ある人が笑って言っていました。
「仲の良い人ばかりでやると無駄話ばかりしてて遅いけれど、知らない人とやると早いかも?」ワハハ、、、、
なかなか一緒に仕事をする機会のない作家さん達ですが、この狸プロジェクトは皆さんの交流の場となる事でしょう、今からとても楽しみです。
第1回狸制作説明会4加工
(事務局担当:水)