01.『まち角から?それぞれの心、それぞれの形で』
■信楽青年寮×滋賀県立陶芸の森・世界にひとつの宝物づくり実行委員会
主な出品作品:
信楽青年寮の作家作品、視覚障がい者の人たちとワークショップでうまれた触れる作品、信楽中学校、信楽小学校、雲井小学校、小原小学校、朝宮小学校、多羅尾小学校、民族やきもの
会場:藤喜陶苑

開催日程:2013 10 /01(火)~10 /20 (日)

問い合わせ先:0748-82-0588

1.seinennryou

02.窯元工房見学
■窯元散策路のwa+有志窯元
普段見学できる機会の少ない窯元たちの仕事場を、会期中は公開し自由に見学ていただけます。窯元の飾らないありのままの日常を見て楽しんで下さい。できあがった商品だけでなく、モノがつくられる過程・職人とのコミュニケーションを通して信楽焼のファンになっていただきたいと思います。信楽の日常の風景のなかに、新しい感動を発見して下さい。

開催日程:2013 年10 月01(火)~10 月20 日(日)

会場:まちなか会場各窯元

問い合わせ先:0748-70-3304

2.kamamoto

03.2013信楽国際薪窯ワークショップ

■信楽陶匠会

招待作家:アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・韓国・日本etc. から約10名を招待
Bang Ho Sik , Kim In Tea , Jung Gab Yong , Woo Han Na(韓国)Willi Singleton, Rob barnad, Catherine White (米国)川崎琢介,大西左朗(信楽)など

開催日程:2013 年10 月01(火)~10 月20 日(日)

会場:信楽陶舗 大小屋

問い合わせ先:0748-83-0529

web:信楽国際薪窯ワークショップ

3.tousyoukai

04.手拭いスタンプラリー
■信楽商店協同組合 + 有志協力店
スタンプラリーとして楽しみながら、手拭いをデザインできる参加型の企画です。商店街の各店舗にスタンプを設置しており、専用の手拭いに自由に押して、オリジナル手拭いを制作できます。各店舗を巡るのと同時にオリジナル手拭いを作りましょう。

会場:長野商店街各店舗

開催日程:2013 10/1(火)~10/20(日)

問い合わせ先:0748-82-0126

詳細

プリント

05.みんなでオリジナル狸を描こう
■信楽高等学校×成安造形大学
信楽高等学校の生徒と成安造形大学の学生による、自分だけのオリジナル狸を構想する企画。第1部「私の信楽焼きたぬきについて」、第2部「みんなでオリジナルたぬきを描こう」と2段階で進むワークショップも行います。みなさんもぜひオリジナル狸を描きにきてください!

開催日程:2013 年10 月01(火)~10 月20 日(日)
(ワークショップは10月5日(土)13:00?)

会場:信陶社

問い合わせ先:0748-70-3304

5.seianshigarakikoutougakkou

06.一汁一菜の器プロジェクト@cafeあわいさ
■cafeあわいさ
「一汁一菜の器・ エシカルセラミック」を使用したランチメニューです。一汁一菜の器プロジェクトは、東日本大震災をきっかけに発足し、継続しているプロジェクト。被災地に器を送ることから始まり、食文化の再考、生活復興と、年ごとにテーマをもって活動中です。

開催日程:2013 年10 月01(火)~10 月31 日(木)

会場:cafeあわいさ

問い合わせ先:0748-60-2160

web:cafeあわいさ
   一汁一菜プロジェクト

6.ichijyuuissai

07.ミニ狸をつくりませんか?
■ますみ窯
体長10cm程度の小さな狸を作るワークショップ。基本形までは一緒に作り、仕上げは個々で自由に制作します。所要時間は約1?2時間。
事前に行ったワークショップにてつくった狸の展示もしています。

開催日程:2013 年10 月01(火)~10 月20 日(日)

会場:ますみ窯
   (展示は明照保育園旧園舎)

問い合わせ先:0748-82-2222

7.masumigama

08.藤本秀陶展「信楽は宇宙のどこ」
■かまーとの森
かまーとの森は、約40年間操業したトンネル窯が存在した建物を改装、利用した信楽焼ショールーム、ギャラリー、カフェです。まちなか芸術祭期間は陶芸家、藤本秀による陶展を行います。焼締信楽の新たな領域を「信楽は宇宙のどこ」と題しての個展です。今までとは違う作品展をぜひご覧ください。

開催日程:2013 年10 月01(火)~11月10 日(日)

会場:かまーとの森

問い合わせ先:0748-60-8539

web:かまーとの森

8.kama-to

09.たぬきフェア
■実験アートサロン misin-ya
雑貨だけでもない、美術品だけでも、日常にピリリとスパイスを利かせる「雑美術」屋さんのたぬきフェア。
実験アートサロンらしい、かわいくてちょっとシニカルなタヌキの壁掛けや、オブジェ、ブローチやピアスなどを揃えております。

開催日程:2013 年10 月10日(木)~10月31 日(木)

会場:実験アートサロン misin-ya

問い合わせ先:080-1435-5788(営業時間のみ)

web:実験アートサロン misin-ya

yamada-a

10.たぬき学会総会
■日本たぬき学会
日本たぬき学会はたぬきを愛する方々による、学会です。
年に一度行われるたぬき学会総会を、今年はまちなか芸術祭期間中の信楽で行います。恒例の催しであるたぬき踊りや、紙芝居などの一部を見学、参加可能です。

開催日程:2013 年10 月06日(日)

会場:信楽伝統産業会館3階大ホール

問い合わせ先:0748-82-0073

web:日本たぬき学会

10.tanukigakkai

11.まちなか展示
■陶芸の森スタジオアーティスト
この夏、陶芸の森スタジオアーティストとして信楽に滞在した若手作家による展示。
信楽が日常ではない作家が、各々で場所を探すところから行いました。滞在中に制作したものを展示します。

開催日程:2013 年10 月01日(火)~10月20 日(日)

会場:
伊藤彩/谷本真理(菓子吉)
小野真由(shiroiro-ie)
Hsu Chih Yu(丸由製陶10/10(木)まで)
村山まりあ(信楽図書館)
藤井龍(丸由製陶10/11(金)から)

問い合わせ先:0748-70-3304

11.matinakatenji

12.伝統的工芸品ふるさと体験交流事業
■信楽伝統工芸士会
信楽の伝統工芸士たちによる体験教室。
1kgまでの粘土を無料で使え、各々好きなものを制作できます。別途焼成も可能です。
初めての方も、経験のある方もお気軽に作陶体験をお楽しみください。

開催日程:2013 年10月2日(水)、4日(金)、5日(土)、
8日(火)、9日(水)
9:30?各回1時間、全6回

会場:陶芸の森信楽産業展示館 創作室

問い合わせ先:0748-82-0831

12.dentoukougeishi

13.信楽新名物 たぬき丼
■信楽町観光協会
たぬき丼は元来、天かすとお出汁を卵でとじた丼ぶりです。今回は店舗によって味も形も見た目も違うたぬき丼が、信楽町内の8店舗で限定メニューとして登場。11月8日の「信楽たぬきの日」記念事業として展開します。それぞれの味をぜひお楽しみください。

開催日程:2013 年10 月1日(火)?11月30日(日)

会場:信楽町内各店舗

問い合わせ先:0748-82-2345

web:信楽町観光協会

13.tanukidon

14.第十二回 器楽食楽
■陶の辺料理 魚仙
『食と器の展覧会』のコンセプトのもと、平成9年から平成15年にかけて開催された、魚仙の食と器を楽しむ会『器楽食楽』。
10年ぶりの開催となる今回は、甲賀市指定無形文化財、神崎継春氏の作品で、信楽・滋賀の秋の味覚をご堪能いただきます。

開催日程:2013 年10 月01日(火)~10月20 日(日)

会場:陶の辺料理 魚仙

問い合わせ先:0748-82-0049

web:陶の辺料理 魚仙

14.uosen

16.土いじりワークショップ
■丸九製陶所
信楽の伝統ある窯元にて、無料で土いじりをしていただけます。
ろくろ挽き、たたら作りなど様々な技法を体験していただけます。
別途焼成、完成品の発送も可能ですので、お気軽にご相談ください。

開催日程:2013 年10月6日(日)、13日(日)、14日(月)、20日(日)

会場:丸九製陶所

問い合わせ先:0748-82-0059

web:丸九製陶所

16.maruku

17.&(アンド)
■&プロジェクトメンバー
陶器の”器”を示す言葉は、なんでも入る事のできる”うつわ”を示す事だと思います。料理。お茶。植物。音楽。デザイン。アート。川端倉庫を”うつわ”と捉え、様々なものと陶器をつなぐイベントです。
ワークショップやイベントの詳細はHPをご覧下さい。

開催日程:信楽まちなか芸術祭開催中の土日

会場:川端倉庫

問い合わせ先:and.shigaraki@gmail.com

web:and

17.and

18.ガリ版ワークショップ
■cococu編集部
滋賀県発祥の簡易印刷機「ガリ版」。ガリガリと音を立て、文字や絵を刻み、インクを練って刷る。一手間一手間かけるこの印刷手法には特別な想いがこもります。自分で描いた文字やイラストがそのまま印刷できるので、どなたでも簡単にポストカードづくりが楽しめます。所要時間は30分?1時間程度です。

開催日程:2013 年10月5日(土)?6日(日)
     11:00~16:00

会場:明山窯 Ogama

問い合わせ先:0748-60-2153

18.gariban

19.信楽小学校生徒作品展
■信楽小学校+信楽陶器工業組合
地元小学生が、授業の一環として制作した陶芸作品を展示します。数年前より、信楽陶器工業協同組合の協力のもと、地元作家が作陶指導にあたっています。信楽小学校の児童の多くが卒園した明照保育園旧園舎での展示と言うことで、いわば里帰り展となります。純粋無垢な小学生ならではの作品たちをお楽しみください。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:ますみ窯

問い合わせ先:0748-82-0831

19.syougakkou

20.げなげな市
■信楽GIP
げなげな市の「げな」は、信楽弁で「?らしい」という意味です。おもしろいものがあるらしい、美味しいものがあるらしい、毎月第一日曜日に開催の手作り市です。木工製品や布製品などの手作り作品の他、地元の農産物やお惣菜、スイーツなどの食べ物も沢山出店します。

開催日程:10月6日(日)10:00?15:00頃まで

会場:神宮神社

問い合わせ先:0748-82-0016

web:信楽GIP

20.genagena

21.信楽高等学校教員展
■信楽高等学校教員
信楽高等学校のセラミック科とデザイン科は、来年度より『総合学科』内のセラミック系列、デザイン系列として、よりアート志向を強めて再スタートします。教員も指導者としてだけでなく、作家としても日々研鑽を積んでいます。本展では、そんなアーティスティックな信楽高等学校の雰囲気に触れていただけます。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:青壁

問い合わせ先:0748-82-0167

21.shigarakikoutougakkou

22.歴史ある茶産地、朝宮茶のおもてなし
■信楽町茶業協会
日本を代表するお茶産地、朝宮のお茶を農家が直接皆さんに提供し、煎茶の試飲などをしていただけます。おすすめの飲み方や、珍しい飲み方、すすり茶などをお楽しみいただけます。

開催日程:10月5日(土)、6日(日)、12日(土)、19日(土)、20日(日)

会場:旧平岩製菓

問い合わせ先:0748-84-0001

22.asamiya

23.フラッシュバックピクチャー展
■大塚オーミ陶業株式会社
どこか懐かしい景色の広がる信楽ですが、やはり古い写真と比べると随分と様変わりしています。そんな信楽の古い景色を、大塚オーミ陶業株式会社の技術で、陶板に表現します。陶板の風合いによる写真展という信楽らしい展示となります。会期終了後は、実際の場所に設置し、見比べられるようにする予定です。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:インフォーメーションセンター

問い合わせ先:0748-82-3001

web:大塚オーミ陶業株式会社

23.ootukaohmi

24.みのる窯「25年のありがとう」
■みのる窯
歴史自然に育まれた滋賀信楽で、土に出会って25年。その感謝をこめた今回の展示は、松川実の一本挽きの大皿や大壺の作品が仕事場を飛び出し、庭の登り窯の立ちザヤの上に並びます。
「陶器のうつわでもっと安らぐ暮らしを!応援隊!」みのる窯のあたたかい歳月を感じられる「25年のありがとう」ぜひご覧ください。

開催日程:10月5日(土)~10月19日(土)

会場:みのる窯ギャラリー

問い合わせ先:0748-82-2548

24.minorugama

25.音楽ライブ
■ヤマダダユニット
ヤマダダユニットによる音楽ライブ。
ヤマダダユニットは山田さとし(トランペット、ケーナ)、佐藤健志(ジャンベ)、キース・ヒルズ(パーカッション)によるユニット。管楽器と信楽焼で仕上げたジャンベを用いたセッションを行います。

開催日程:10月6日(日) 13:00?

会場:かまーとの森

問い合わせ先:0748-82-1466

web:かまーとの森

25.yamadada

26.山熊窯広場の動物園
■山熊広場の動物園・実行委員会
信楽焼では、代名詞であるたぬきの置物の他にも、様々な動物の置物が作られています。
今回は工房空き地を利用し、信楽の動物の置物を集合させました。期間限定、やきもの動物園を開園いたしますので、ぜひみなさん見学にお越し下さい!

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:山熊製陶所広場

問い合わせ先:0748-70-3304

26.doubutsuen

27.甦る勅旨焼
■勅旨地域一円
勅旨という地名は、聖武天皇が紫香楽宮を造営する際に、自ら命じて開発させた勅旨田があった事が由来だと言われています。 大物の信楽とは対局の顔を持つ小物の「勅旨焼」、 昭和30年代以降小物の伝統だけでなく、作域を大きく広げて大物やオブジェと新たに工房を構える作家達が集い活躍しています。
流れているのは確かな手業に支えられた丁寧な物づくり。 信楽まちなか芸術祭期間中に、現在活躍する「勅旨」の作り手を「勅旨」の各所で紹介します。 各店舗では「勅旨焼」の代表格である、「煎茶器」急須・ポット等「茶注」「湯呑」「飯茶碗」そして「皿」「ぐい呑」「置物」「花器」等とお店ごとにアイテムを絞り、展示します。作り手はそれぞれ持ち味を発揮するアイテムを選択して出品しますので、ぜひ勅旨にお越し下さい。古道に古墳や名刹・小宮さん、作家の工房もちらほら、お店を巡りつつ秋の小径を訪ねて下さい。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:勅旨地域一円

問い合わせ先:0748-83-1082

詳細

27.chokushi

28.澤善・秋の山里 小街芸術祭
■澤善・幸せ創造館
甲西吹奏楽団ジュニアバンドによる幸せ応援コンサートを開催します。「家族に乾杯」「家族になろうよ」などを演奏予定です。
みんながいてくれたから今の幸せな私がいる!秋空の下、皆様の幸せを応援します。

開催日程:10月6日(日)
     ①11:30~12:00 ②13:30?14:00

会場:澤善・幸せ創造館たぬき広場

問い合わせ先:0748-83-0215

web:澤善・幸せ創造館

28.sawazen

29.山兼ワンダーランド
■山兼製陶所
高石麻代( 嵯峨芸術大学彫刻研究室 ・講師)と学生(同研究室・有志)による展示。
動物、人物をモチーフにしたFRPによる作品を中心に、屋外での展示を行います。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:山兼製陶所 屋外

問い合わせ先:0728-82-1732

29.yamagane

30.信楽焼古陶「江戸の茶壺展」
■信楽焼伝統産業会館×窯元散策路のwa
今回展示する茶壺は、主に江戸時代に作られたもので、昭和62年に甲賀市が古陶資料として購入したものです。
約250万年前の古琵琶湖層から成る、良質な陶土から生み出された信楽の大物陶器の美をお楽しみください。

開催日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:山熊製陶所

問い合わせ先:0748-70-3304

30.edotyatsubo

31.歌詠み散策inしがらき
■甲賀市教育委員会
あいこうか「うた」プロジェクト2013は、身近にある風景の魅力を発見して「五・七・五・七・七」三十一字の「うた」に詠み込んだ短歌を募集します。
その中の一企画で、まちなか芸術祭期間中の一日、信楽にて歌詠み散策を行います。

開催日程:10月4日(金)

会場:信楽まちなか芸術祭各会場

問い合わせ先:0748-62-2626

web:あいこうか「うた」プロジェクト2013

31.utayomi

32.FMしがらき
■FMしがらき実委員会
彼らがお届けする情報がより一層、信楽まちなか芸術祭を盛り上げてくれること間違いなし!第2回となる今回も、周波数を77.5MHzに合わせ、信楽の秋をお楽しみ下さい。

日程:会期中の土日祝

放送:FMしがらき 77.5 MHz

問い合わせ先:0748-70-3304

web :FMしがらき公式ブログ

32.fmshigaraki

33.平成顔面工場大顔Z-ポン吉のわすれもの-
■山田浩之×坂口未来+文五郎倉庫
顔学という分野があることを知りました。顔から分かる内面、顔には何がある?表面、内側、骨格・・・・
そんなことをを考える展覧会です。是非ご高覧下さい。

日程:10月1日(火)~10月20日(日)

会場:文五郎倉庫

問い合わせ先:0748-82-3153

web :文五郎倉庫

yamada

※ 9月16日の台風18号による影響で、準備が不十分なプロジェクトもございますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。