今日は「信楽物語」出展作家トークショーが開催されます

2016.10.17

陶芸の森では、8月に陶芸の森で作品制作をおこない、現在開催中の「第3回信楽まちなか芸術祭」で信楽町長野の窯元散策路で作品を展示しているお二人の作家によるトークショーを開催します。みなさん是非お越し下さい。

トーク①13:30~ 「荒川朋子の仕事」
トーク②14:00~ 「岡本光博の仕事」
【会場】 陶芸の森 創作研修館視聴覚室

・荒 川 朋 子 
【展示会場】
Ogama 信楽町長野地区窯元散策路 
【作品説明】
 頭の中にかたちが溢れてきます。�そのかたちに実際に触れてみたくて作っています。 �それが何なのか、どこから出てきたのか、�自分でも分からないことがありますが、作らずにはいられないのです。いつもは主に木を彫ったり毛を生やしたりしています。今回は土ということで、念願の「毛の生えた壷」を作りました。「きゅらきゅら」はお守り的なものです。「寂しくはない」は、信楽のたぬきを見ていて浮かんできました。
img_6405

・岡 本 光 博
【展示会場】
山兼製陶所 信楽町長野地区窯元散策路内
【作品説明】
「あまざら / rainy plate 」
“水たまり”をやきものにする。“水たまり”は雨と大地(アスファルトであろうとも)との関係で生まれる。自然の造形をそのまま石膏でうつしとり、やきものにする。お皿の起源に通じ、そして何よりも子ども心をくすぐる魅力がある。
img_7849