まちなか会場 陶芸の森会場 地域会場


まちなか会場

アーティスト招聘企画「信楽物語」
窯元散策路の各所にて陶芸家、あるいは現代美術の作家たちがそれ ぞれの「信楽の物語」をテーマに作品で表現します。新しい視点や表現で信楽の魅力を捉えなおす企画です。

開催日程:芸術祭期間中

会場:窯元散策路周辺

出展作家紹介はこちら

IMG_2016のコピー


あつまれ!!みんなの植木鉢

「THE UEKIBACHI」

第2回信楽まちなか芸術祭では『THE TANUKI』という企画を行い、信楽の定番であるタヌキを町の人たちで制作しました。今回は信楽の主力製品でもある植木鉢を、作家さんや窯元さんを始め、まちのみなさんに公募し、制作していただいた物を町の一角に展示します。

開催日程:2016年10月1日(土)〜2016年10月23日(日)

会場:まちなか会場


まちなかプロジェクト
住民自らが「まちなか芸術祭」を盛り上げるために、まちなかを散策して楽める企画やイベントをつくるプロジェクト。信楽の魅力は「人」そのものです。このプロジェクト企画を通して、まちの人との出会いとコミュニケーションを楽しんでください。

開催日程:2016年10 月1日(土)~10 月23日(日)

まちなかプロジェクト全企画詳細はこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「第63回信楽陶器まつり 大即売会」

年に一度の信楽焼のビッグイベント。信楽焼の陶器はもちろん、地元産物や食のコー ナーなど開催予定。今年は、まちなか芸術祭との連携事業として開催します。

開催日程:10月8日(土)~10日(月:祝)

会場:甲賀市信楽地域市民センター周辺特設会場

touimaturi


「記念乗車券発行」
信楽高原鐵道では、まちなか芸術祭開催中、記念乗車券を発売し皆様をお待ちしています。

 

開催日程:9月1日〜10月23日

会場:信楽高原鐵道 信楽駅

SONY DSC


信楽伝統産業会館「信楽の今」展
やきものづくりに日々挑戦を続ける次代を担う “つくり手” に焦点をあてた企画展です。

開催日程:10月1日(土)~10月25日(火)

会場:甲賀市信楽伝統産業会館

「信楽の今」展

MIHO MUSEUM秋季特別展「ムガール皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」同時開催:「美し(うまし うるはし) 乾山 四季彩菜」
古来インドは、ダイヤモンドなどの宝石を豊かに産する国です。16世紀からインドを支配したムガールの皇帝や、その後インド各地を統治したマハラジャは、色とりどりの宝石を象嵌した華麗な調度品に囲まれ、大粒の宝石をいくつも使ったターバン飾りや装身具で、その身を煌びやかに飾りました。

本展は、カタールの王族であるシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アル・サーニ殿下が収集された、世界最大のブルーダイヤモンド“アイドルズ・アイ”を始めとするインド宝石のコレクションから名品を選りすぐり、日本初公開いたします。インド宝石の最高峰を、ぜひご観覧ください。

また、同時開催として、江戸時代の陶工・尾形乾山の名品を、琳派の作品と合わせて公開します。大胆なデザイン性、おおらかな洒脱味、兄である光琳との合作などをお楽しみください。

10月1日(土)~12月11日(日)会場:MIHO MUSEUM 

web:MIHO MUSEUM

ランジートシンジー王のターバン飾り インド ナワナガル藩王国 1907年 (1935年頃に再デザイン) ホワイトゴールド、ダイヤモンド The Al-Thani Collection © Servette Overseas Ltd. All rights reserved. Photographs taken by Prudence Cuming Associates Ltd.

ランジートシンジー王のターバン飾り インド ナワナガル藩王国 1907年 (1935年頃に再デザイン) ホワイトゴールド、ダイヤモンド The Al-Thani Collection © Servette Overseas Ltd. All rights reserved. Photographs taken by Prudence Cuming Associates Ltd.


オーガニック・マーケット のたねフェス
~いのちを育む、暮らしをつむぐ 未来へ~
いのちの多様性と、それを育む自然とともに暮らしていくための、みんなの「○○のたね」を持ち寄り、分かち合い、一緒に祝うフェスティバル。
参加される一人ひとりが、生命の根源である種、安全な食、自然から学ぶライフスタイルをより深く理解し、触れてもらう機会を提供します。開催日程:10月22日(土)、23日(日) 11:00~16:00会場:田代高原の郷
notane festival


陶芸の森会場

第84回信楽陶器総合展 『SHIGARAKI STYLE-暮らしを愉しむやきもの』
信楽焼の作り手自らが、信楽焼を通して伝えたい想いを込めた自信作を展示・情報発信します。作り手の想いを是非感じてください。

開催日程:9月24日(土)~10月23日(日)
9:30~17:00(入館16:30まで)

会場:滋賀県陶芸の森 信楽産業展示館 展示ホール

SHIGARAKI STYLE-暮らしを愉しむやきもの

 総合展 のコピー


陶芸館特別展「珠玉の湖東焼」
湖東焼は、小江戸情緒が漂う城下町・彦根で、江戸時代後期にうまれたやきものです。天保13(1842)年に彦根藩の藩窯となり最盛期を迎えました。文久2(1862)年に藩窯が廃止されるまでの僅かな期間に、目利きとしても知られた藩主・井伊直亮、直弼の保護のもとで優れた陶磁器が焼成されました。江戸時代後期には日本各地に新しい窯が開窯しましたが、中でも湖東焼は優れていたことが知られています。
本展は、日本各地で所蔵される湖東焼の名品を一堂に会し、その珠玉の魅力と全貌に迫ります。開催日程:210月1日(土)〜12月11日(日)会場:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
特別展「珠玉の湖東焼」
湖東焼「染付桃透彫涼爐」江戸時代末期


登り窯焼成プロジェクト
登り窯を使用して若い世代に伝統工芸技術である薪窯の焼成を経験させ、次世代への技術継承 を行います。

焼成:10月19日(水)〜23日(日)

会場:滋賀県陶芸の森 登り窯

登り窯


第21回セラミック・アート・マーケットin 陶芸の森
「作品に触れ、作家に触れる」をテーマに滋賀県内に在住、在勤の陶芸家をはじめとする作家が、自らが制作した質の高い作品の販売をおこなう、作り手と使い手の出会いの場を陶芸の森が提供します。

開催日程:10月8日(土)~10日(月・祝)

会場:滋賀県立陶芸の森 太陽の広場

セラミック・アート・マーケット2016

セラミックアートマーケット


国際シンポジウム 関西アーティスト・イン・レジデンスin 信楽
「アーテアーティスト・イン・レジデンスの可能性とその評価」
関西広域連合では、「関西文化の創造と発信」の3つの戦略の1つ「創造する関西 ~ 新しい文化を創造する」の中で、アーティスト・イン・レジデンス事業を 1992年から展開している滋賀県立陶芸の森で第2回目となるシンポジウムを開催します。

開催日程:10月22日(土)

会場:滋賀県立陶芸の森 産業展示館

国際シンポジウム 関西アーティスト・イン・レジデンスin 信楽


信楽野焼きフェスティバル2016
まちなか芸術祭オープニングの日に、やきものの原点である野焼をおこないます。次世代を担う子供たちにやきもの創りの楽しさを体験してもらいます。

開催日程:10月1日(土)12:00〜

会場:滋賀県立陶芸の森

信楽野焼きフェスティバル2016


甲賀市商工まつり2016
年に一度の地元商工会企業と地域の交流の場。地元のいいもの、おいしいものがいっぱい集合。

開催日程:10月16日(日) 午前10時~午後15時30分

会場:滋賀県立陶芸の森

商工会2 のコピー
チラシ
チラシ裏

地域会場

多羅尾代官陣屋跡プロジェクト
昨年から期間限定で一般公開をはじめた代官陣屋跡を地元ガイドとゆっくり探訪します。また、多羅尾代官に関連した歴史講演会も開催します。

開催日程:2016年10月1日(土)より一般公開開始/

10月15日(土)講演会・案内ツアー

会場:多羅尾代官陣屋跡周辺

お問い合わせ:0748-85-0001
       tarao-c1@ac-koka.jp

多羅尾陣屋正面門


紫香楽宮 「都あかり」
隼人川みずべ公園と甲賀寺跡の2会場で、透光陶器による来場者参加型イベントやライトアップ、イルミネーションと紫香楽宮跡の映像上映を行います。

開催日程:2016年10月21日(金)・22日(土) 18:00〜20:30

会場:隼人川みずべ公園 甲賀寺跡

紫香楽宮 都あかり

都あかり


紫香楽宮歴史講演会
黄瀬交流館「さらら」を会場に、1270年前に聖武天皇が造営した紫香楽宮の歴史について講演会を開催します。

開催日程:2016年10月23日(日) 13:30〜15:45

会場:黄瀬交流館「さらら」


「日本茶の源流」探訪ツアー
甲賀市信楽町の朝宮地域は、日本五大銘茶の1つ、1200年の伝統を持つ朝宮茶の産地です。
天台宗開祖、最澄ゆかりの朝宮茶は宇治茶や静岡茶の起源よりもさらに400年早いといわれ、まさに、「日本最古」の一つとされています。
そんな朝宮茶発祥の地、岩谷山仙禅寺を訪ね、朝宮茶の歴史や文化にふれていただける限定ツアーを開催します。開催日程:2016年10月22日(土)10:00~14:00会場:岩谷山仙禅寺、朝宮茶茶園ほか
源流ツアーチラシ-001


勅旨のおもてなし~甦る勅旨焼~
●いま甦る「勅旨焼」×日本五大銘茶「朝宮茶」
茶器作りの伝統が今に受け継がれている勅旨。キリッとした香りと滋味豊かな朝宮茶。小売店舗では、お茶の時間を愉しむおもてなし空間を演出します。
様々な朝宮茶の紹介や日時限定ですがお茶農家による試飲販売を予定しています。
開催日程:10月1日(土)~23日(日)

●陶の里 勅旨の歴史ウォーク
~信楽にはもう一つの都があった~

大戸川を真中に両側を山に囲まれた勅旨地域、天平時代、聖武天皇や淳仁天皇が都へ往来された歴史街道。勅旨焼の窯跡や作家の工房も訪ねながら、のんびりと歴史散策をしませんか?
開催日程: 10月8日(土)16日(日)22日(土)
参加費:¥300(資料代 保険代) 事前申込(昼食は各自ご用意ください)
集合:10:30 西恩寺前駐車場(勅旨駅すぐ) 解散 14:30頃 陶芸の森 *定員15名

● 美味しい日本茶の淹れ方教室 ~上級のおもてなしへ~
お茶の種類や効能、美味しいお茶の淹れ方を日本茶インスタラクターと共に実演をしながら学びます。特選朝宮茶と店舗自慢のお菓子のTea Timeもお楽しみ。
開催日程:10月22日(土)23日(日)
参加費:お一人様 1500円(お菓子付き 事前予約)
会場:22日 澤善 23日 陶珍館・大小屋(お申込みは各会場へ)● スタンプラリー
会期中に小売店舗6ケ所巡られた方に抽選で10名様に勅旨焼の素敵なうつわをプレゼント。
開催日程:会期中

勅旨のおもてなし_オモテ-001勅旨のおもてなし_ナカ-001

※その他企画も随時更新して行きます。